文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年7月16日

7月14日 第66回放送


死は誰にでも必ず訪れます。その死がいつか?誰にもわかりません。死を無闇に恐れない為に
鎌田さんは準備を始めユーモアを交えた「遺言」を3年前から数回にわたり書き直しました。
一方の村上さんも先月30日の還暦の誕生日に「遺言」の習作を準備して放送に臨みました。
「死に臨む姿に生き方が現れる」、「死を前向きにとらえた方がいい」ということから今回の
テーマは「生き方は死に方に通じる・死に方は生き方に通じる」としました。

鎌田さんの新刊『大・大往生』(小学館)は、永六輔さんが二昔前に記したベストセラー『大
往生』を意識したものです。当時は死を語ること自体がタブーな世相でしたが、永さんは人間
らしい死を迎えるために、深刻ぶらずに、もっと気楽に「老い」や「死」を語ろう!そんな思
いから書きました。そして、今回鎌田さんが本書を書いたのも「死を必要以上に恐れないため」
と「死を日常の会話にしてほしかったから」といいます。
鎌田さん家族と養父・岩次郎さんとの最後のひととき、村上さんが父親に丹波栗のスープを飲
ませた逸話など披露します。鎌田さんは「こんな死に方がしたい」と家族で話し合っておくと
良い、遺言を書けば生き方への整理が出来るというのは村上さんです。
そして、用意してきた「遺言」を朗読する村上さん。続いて、鎌田さんは「いつの間にか死ん
じゃいました...」と軽いタッチで始まる、実に鎌田さんらしい「会葬御礼」を披露します。
時にシリアスに時にユーモラスに提言、笑い声が混じりながら死について語りあう二人です。
■プレゼント■ 鎌田さんの新刊『大・大往生』(小学館)にサインを入れて5名様に進呈し
ます! 氏名・住所・電話番号を明記。応募の締め切りは7月19日(金)必着とします。

放送分を聴く
放送日:2013年7月14日

« 7月7日 第65回放送 | メインに戻る | 7月21日 第67回放送 »