文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年7月21日

7月21日 第67回放送

番組テーマ曲『がんばらないワルツ』を作曲し演奏しているピアニスト・作曲家の川上ミネさ
んをゲストに迎えて、テーマ曲誕生のエピソードや彼女のユニークな音楽観などを聞きます。

『日曜はがんばらない』のテーマ曲を依頼された川上さんが最初にイメージしたのは、鎌田さ
んと村上さんが2匹の蟻となって踊っている姿。聴こえて来たのはヨーロッパの中世の音階。
楽しそうに踊る2匹の蟻の周りには、いつの間にか村人達の輪が出来た...そんなイメージが浮
かび、そのまま音符に記して完成したのがリスナーにも好評の『がんばらないワルツ』です。
スペインと京都を拠点に各国で演奏活動を続ける川上ミネさんは、ユニークな経験の持ち主。
愛知県長久手町に生まれ、高校の音楽科を卒業後、ドイツに渡り「ミュンヘン国立音楽大学・
ピアノ科」を卒業。クラシック音楽家としてドイツで演奏活動を続けていましたが、本人曰く
「外も寒く、心も寒くなり」何もかも投げ出して、情熱の国スペイン行きを決意。初日のマド
リッドで泥棒に襲われ全財産を失いますが、一文無しの旅人に食事やビールを提供してくれた
スペイン人の心の優しさに触れ、更にフラメンコ音楽に圧倒されて同国が大好きになります。
ある日、偶然にもキューバ人のグラミー賞ジャズピアニスト、チューチョ・バルデスの演奏に
出逢い、その音楽と人間性に感動して今度はキューバに移住。「キューバ国立音楽学校」に客
員講師として招かれ、ピアノと音楽史の教鞭をとりつつラテンジャズ、トゥンバオ(キューバ
のピアノ奏法)と作曲を学びました。鍵揃が抜けたピアノでも聴衆を魅了する演奏テクニック
や音楽家としての心構えを学び、こうしてクラシックから無国籍・無ジャンル音楽へと移行。
今年は「日本スペイン交流400周年事業」公式音楽を担当し日西交流に奮闘中の川上さん。

放送分を聴く
放送日:2013年7月21日

« 7月14日 第66回放送 | メインに戻る | 7月28日 第68回放送 »