文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年7月29日

7月28日 第68回放送

『やわらかい心になろう』をテーマに鎌田さん村上さんが心温まるエピソードを紹介します。

鎌田さんがボランティアで行った先の陸前高田で会った看護師の女性。彼女は最愛の夫を津波
で亡くし、仕事を辞めるかどうか迷っていた時期に、折悪しく大きな事故に遭遇。万事休すと
思いましたが、大きな事故の中でも生かされたのは「もっと弱い人のために働きなさい!」と
夫が言っているからだと考えを改めました。悲しみを抱えながらも被災した病院で患者さんの
ために働く彼女のもとに「さだまさしソロコンサート4000回記念公演(日本武道館)」の招待
状が届きました。彼女がさだファンと知った鎌田さんがさださんに伝え実現した粋な計らい。
「高齢でも障がいや病気があっても誰でも参加できる旅」で6月に鎌田さんとハワイに行った
北海道のユカさんからのメール。幼い時に母親が運転する車で交通事故に遭い、頭部外傷で障
がい児となった彼女は、イジメで辛かった過去の記憶を払拭しきれず36年生きてきました。
旅に出たくても「無理です!」と断られ、いままでどこの旅行社も受付けてもらえずに今回が
初めての旅。鎌田さんの話を聴き「カラダは不自由でも心は自由」にとても励まされたとか。
「来てよかった、来てよかった」娘の弾む声を聞きながら、傍らで「私が一番救われる旅にな
りました」と号泣した母。鎌田さんはユカさん母娘に「ベスト親子賞」を贈ったそうです。
一方の村上さんは、現在の将棋界をリードする羽生善治三冠、森内俊之名人、佐藤康光九段が
若き日に参加した研究会を主宰した島朗九段の『島研ノート心の鍛え方』(講談社)を紹介。
「心が折れない」一流棋士の強さを支える精神構造とは一体なにか?などを考察した本です。
最後は、認知症の母親を介護しながら考えた命や人生について、そこから紡ぎ出された言葉
藤川幸之助さんの詩集『命が命を生かす瞬間(とき)』(東本願寺出版部)を鎌田さんが朗読。

放送分を聴く
放送日:2013年7月28日

« 7月21日 第67回放送 | メインに戻る | 8月4日 第69回放送 »