文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年8月 5日

8月4日 第69回放送

8月に入りました。亡くなった人を偲ぶ時季でもあり、鎌田さんは養父の岩次郎さんや救えな
かった患者さんの顔が浮かぶそうです。医師生活39年で今年初めて患者さん仕切りの誕生会
が6月28日に病院の庭で開かれた時のこと。会を仕切った患者さんが「私はもともと依存す
るタイプで、生まれて初めて他人のために動きました。いい想い出が出来ました」と言い1週
間後に逝ったそうです。そうした故人の顔を思い出しながら鎌田さん村上さんが語ります。

ゲストはヴァイオリニストの千住真理子さんです。長兄は日本画家の博さん、次兄は作曲家の
明さん。2人のお兄さんと真理子さんは「千住3兄妹」と呼ばれてそれぞれの世界で活躍する
芸術家ですが、3人を育てあげたスーパーマザーの千住文子さんが6月27日に87歳で亡く
なりました。3人の芸術家はどのような教育方針のもとに育ったのか?母の文子さんを偲びつ
つ真理子さんに聞きます。2歳3ヶ月でヴァイオリンを習い始めて以来、文子さんと二人三脚
で歩んできて真理子さんは、頼りになる支えを急に失ってしまいましたが「演奏中はより強く
母を感じ、演奏中の集中度も増した気がする」といいます。母・文子さんは3人の仕事を決し
て誉めなかったそうです。「もっと上手に描けるでしょう!もっといい曲が作れるでしょう!
もっといい音で弾けるでしょう!...それで満足なの?」そうした毒舌と酷評を緩めない厳しい
母・文子さんに3人の子どもは反発しつつも、羅針盤として、また芸術を解する評論家として
一目置いて今日に至っているそうです。また、文子さんは81歳で心臓手術、85歳で腎がん
手術を積極的に受け、決して死に身をゆだねることはしませんでした。そのあたりの話は千住
母娘の共著『命の往復書簡~母のがん、心臓病を乗り越えて』(文芸春秋)を一読ください。

放送分を聴く
放送日:2013年8月4日

« 7月28日 第68回放送 | メインに戻る | 8月11日 第70回放送 »