文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年8月26日

8月25日 第72回放送

子どもの頃から「お山の大将(?)」としてリーダーシップを発揮してきた鎌田さんと
同じくフォロワーでいるよりも「リーダーシップを取りたい派」の村上さんが語り合う
「あなたはリーダーシップを発揮するタイプ? それともフォロワーでいるタイプ?」

まず、電話で登場したのは非行少年少女の更生や人材育成を仕事にする加藤秀視さん。
リーダー論は、組んだ相手に勝ち・幸福・利益を与え続けることが出来る存在という。
また元早稲田大学ラグビー部監督で「ラグビー日本代表U20」監督の中竹竜二さんは
リーダーシップではなく「フォロワーシップ」の大切さを説く。自らを日本一オーラの
ない監督という中竹さんの独特の育成法は、リーダーシップを発揮するのではなくて、
選手が練習や試合での課題を自分で考えていく「フォロワーシップ」方法。リーダーだ
けで解決策を求めてきた組織論には限界があり、今後は自律したフォロワーこそ大切。
更に、パキスタンとアフガニスタンで井戸と水路を掘り続けている医師の中村哲さん。
鎌田さん曰く、最初は聴診器と薬で医療支援をしていた中村医師が大干ばつを機に医療
行為の前に、最優先すべきは砂漠の緑地化と舵を切り、リーダーシップを発揮して井戸
と水路を掘り続けた結果、3千ヘクタールの緑地を創出し飢え解消の一助となった話。

放送分を聴く
放送日:2013年8月25日

« 8月18日 第71回放送 | メインに戻る |  『公開録音 日帰りバスツアー』 参加者募集のお知らせ »