文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年9月17日

9月15日 第75回放送

確執を生じた娘との間を「絵本」によって氷解した鎌田さんは、絵本の力を信じる一人
一方の村上さんも各地で朗読会を開くほどの「絵本大好き人間」を自任しています。
今回は絵本作家・いせひでこ(伊勢英子)さんと「絵本で伝えたいこと」の鼎談です。

いせさんは、旅する絵描きとして、旅をしては心動くものに出会い、また心動くものを
求めて旅をして、自分の目で見たもの、聞いたものを、時間をかけて描いてきました。
パリの路地裏で本造りをする職人を描いた『ルリユールおじさん』、阪神大震災復興へ
の思いを込めた『1000の風1000のチェロ』、少年と犬との交流『あの路』等。
鎌田さんは、東日本大震災から半年後の9月、南相馬市の中央図書館で、いせさんと夫
の柳田邦男さんと3人で絵本の朗読会を開催。子供たちの反響もよく盛会だったとか。
いせさんは震災ショックで何も出来ずにいましたが、6ヶ月の孫に触発されて筆をとり
『木のあかちゃんズ』(平凡社)を描きあげました。いろいろな木の実の赤ちゃんズ。
木の実の「芽吹きの物語」に命の繋がり、生命力の強さ、未来への希望を込めました。
続いて、いせさんの好きな「カッチーニのアベ・マリア」を流して新刊『最初の質問』
(詩:長田弘、絵:いせひでこ 講談社)を村上さんが朗読します。
詩人長田弘さんの代表作のひとつです。いせさんは4年前に結婚する娘さんに進呈して
今回縁あって『最初の質問』をいせさんが絵本にしたものですが、絵本というよりも
絵付きの詩集です。新しい道を歩む人へ贈る言葉としても引用されることの多い作品。
「あなたにとっていい一日とは、どんな一日ですか?」ジンと来る質問が続きます。

放送分を聴く
放送日:2013年9月15日

« 9月8日 第74回放送 | メインに戻る | 9月22日 第76回放送 »