文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年9月30日

9月29日 第77回放送

「人間は効率だけで生きているんじゃない!」と鎌田さん。「根をつめると逆に能率が
あがらないので、間を置きながら作業する!」という村上さん。一見無駄に思われがち
な「間」や「すき間」が時には円滑にことを運ぶためには大事と事例を交え語ります。

コミュニケーションの極意を一言で言えば「間」ではないかという村上さん。句読点も
同じように見えて、実は話し言葉になると画一ではないと指摘します。「間」は反芻し
ながら確認したり、理解したり、疑問を持ったり、想像を巡らせる時間なのです。
鎌田さんも「がん告知」の際に一方的に説明するのではなく、動揺する患者さんの心を
解きほぐすように会話していますが、その時に大切なのはやはり「間」といいます。
そして、「間」の達人である徳川夢声さん、独特の間を保ちながら話す俳優の菅原文太
さん、戦場カメラマンの渡部陽一さんのエピソードなど紹介します。
高校生の時は剣士だったという鎌田さん。剣道部員の中で自分だけ高校から始めたので
どうしても下手。そこで考案したのがわざと「すき」をつくり相手に面を打たせるよう
にし、すかさず相手の脇の下に飛び込んで打つ「抜き胴」の必殺技を磨いたという話。
また、近年「ギャップイヤー」という大学入試に合格した学生が一定の休学期間を得て
から入学する制度に注目が集まっています。休学中の行動は自由でボランティア活動や
留学、旅行などで見聞を広める例が多く、その後の学業や就業力にも奏功しています。
『トゥ・ザ・ワンダー』という「すき間のある映画」。作家志望のアメリカ青年がフラ
ンスで出合ったシングルマザーと恋に落ちる映画で、監督は主張せず内省を促す作品。
絵画には余白、本には行間があるように、生活にも無駄に思える短時間がとても大事。
一日の中、一週間の中、一年の中で僅かでいいからすき間/ギャップを設けましょう。

放送分を聴く
放送日:2013年9月29日

« 9月22日 第76回放送 | メインに戻る | 10月6日 第78回放送 »