文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年10月22日

10月20日 第80回放送


鎌田さんと村上さんの付き合いは約12年。村上さんの話の途中でわざと腰を折る鎌田
さんと、鎌田さんの話中に駄洒落で応戦する村上さん。互いに信頼があるから壊したり
水を差したりできるんです。今週は「コミュニケーション」を話題に丁々発止します。
    
患者さんと家族は、医者の言葉次第で治療の日々が天国にも地獄にもなると鎌田さんは
いい、『言葉で治療する』(朝日新聞)で、医療現場のコミュニケーションのあり方を
示しています。古代ギリシャの哲学者ソクラテスの言葉「医者もまた言葉を扱う人間で
ある」を引用して、心と体をつなげているものは「言葉」ではないのだろうかと言及。
鎌田さんの場合、寝ている患者さんには上から目線にならないようにし、患者さんとの
距離が両者の関係にもつながるので、近くに寄って会話し易い雰囲気を作っています。
緩和ケア病棟を回診するときは、患者さんに半分、付き添いの家族にも半分の時間を割
くようにして声をかけることで、患者さんにも家族にも信頼されるようになると言う。
村上さんは、大阪で学生対象の「ことば磨き塾」を開催していますが、「コミュニケー
ションで△を見つけよう」というワークショップに取り組んだところ、効果てき面。
○か×だけだと、相手の気持ちを汲み取れないまま平行線をたどるが、「別の解」△を
見つけようと努力する過程が、相手の想いに気づくことになり、コミュニケーションに
大切な「相手に身を委ねる」につながるとして、「△哲学」の普及に努めています。
■プレゼント■「経団連」の調査では、新入社員の選考で特に注意しているポイントの
第1位は「コミュニケーション能力」で10年連続。企業も最重要視しているのです。
村上さんを含め12人の体験談をまとめた上田晶美さんの本『働くための話す・聞く』
(ぺりかん社)を5名様に。住所、氏名、電話番号を明記の上、締切は10月25日。

放送分を聴く
放送日:2013年10月20日

« 10月13日 第79回放送 | メインに戻る | 10月27日 第81回放送 »