文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年12月17日

12月15日 第87回放送

鎌さんのすすめで還暦の誕生日に1回目の「遺言」を書いた村上さん。遺言は何回でも
状況の変化に合わせ書き直しが可能で、いざという時に遺された家族があわてないよう
元気な内に書いておくのが理想。遺言をめぐる興味深い話をその道のプロに伺います。

ゲストは『三菱UFJ信託銀行』執行役員の灰谷健司(52)さん。灰谷さんは6年前
大腸がんを患い、肝臓と肺と骨とリンパに転移がある病身ですが、病気と向き合いつつ
相続や遺産のアドバイスが仕事です。会社もがん患者である彼を執行役員に抜擢すると
いうあたたかい職場。専門家として意味のある仕事をして、生き甲斐になっています。
灰谷さんから興味深い話。相続で家族が争うケースが年々増加し、家裁の相続相談件数
は約18万件。年間死亡者数の約2割に相当し、もめている家族は数倍あるはずです。
遺産価額5000万円以下が6000件もあり、資産を多く持っている家庭ほど相続争
いがあるると思われがちですが実は逆。預金は分けられますが、主な遺産が自宅という
場合がもめやすく日本ではこれが多いのです。いきなり相続対策ではなく、まずもめる
可能性があると自覚し、家族のコミュニケーションが大切。会話が密に出来ている家族
ほど相続でもめる可能性は低く、また「遺言」を書いておけば相続でもめることを未然
に防げます。遺産相続は、遺す人が分け方やその理由をしっかり考え、遺言に明示する
必要があり「付言事項」も書いておこうとアドバイス。更に銀行口座が封鎖されて不便
を経験した方も多いと思いますが、灰谷さんのアイデアから生まれた相続税の悲劇を防
ぐ仕組み『ずっと安心信託』も紹介します。灰谷さんの著書『相続の落とし穴』や『遺
言の落とし穴』(角川SSC新書)に詳しく記されています。

放送分を聴く
放送日:2013年12月15日

« 12月8日 第86回放送 | メインに戻る | 12月22日 第88回放送 »