文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年12月27日

12月22日 第88回放送

鎌田さんと村上さんは絵本が大好き!クリスマスも近いのでこのシーズンにふさわしい
二人の好きな絵本を紹介しつつ、絵本作家デビューした鎌田さんの絵本も紹介します。

1986年、チェルノブイリの原発事故により「黒い雨」を浴びて白血病で亡くなった
ベラルーシの少年をめぐる実話を鎌田さんが書いた『雪とパイナップル』(集英社)は
中学の教科書に採用されていますが、全編ひらがなの絵本にして小さな子にも読んで欲
しいと書いた『白い街 あったかい雪』(ポプラ社)。「白い雪の街で、病気の子ども
のために、パイナップルをさがす日本人が、あったかな連鎖をおこした。つめたい雪が
あったかい雪にかわる奇跡の物語」です。更に関連した作文を鎌田さんが朗読します。
絵本作家の長谷川義史さんが電話出演し『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)
を紹介します。長谷川さん曰くタイトルに騙されて買っちゃう人がいる(笑)という本
は、ぼくがラーメンを食べている時に悲しんでいる子もいるという世界の本質を表現。
長谷川さんが震災後に石巻の子ども達と作った『ラーメンちゃん』(絵本館)も紹介。
村上さんは菊田まりこさんの『ゆきの日』(白泉社)を紹介。ある冬の朝の「大雪」を
大人は「困りもの」と思い、子ども心に戻ると「サンタさんからの贈り物」と全く逆に
思える。子どもの心に戻ることの大切さをサンタクロースが教えてくれるというお話。
もう一冊は『ハナミズキの道』(金の星社)。著者の浅沼ミキ子さんは、津波で息子を
失ない泣いてばかりの日々を送っていたある日、「ぼくの好きだったハナミズキを津波
の来た場所に植えて」という声を聴き、いのちを守る木を植え続けるというお話です。
■プレゼント■鎌田さんの絵本『白い街 あったかい雪』(ポプラ社)をサイン入りで
5名様に進呈。住所、氏名、電話番号を明記の上、年内に御投函下さい。

放送分を聴く
放送日:2013年12月22日

« 12月15日 第87回放送 | メインに戻る | 12月29日 第89回放送 »