文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年2月10日

2月2日 第94回放送

鎌田さんの生き方は「いま、その時の一瞬、一瞬を大事にしながら生きている」と村上
さんが指摘。「後ろ髪を引かれたり、先々を心配したりすることはない!なるようにし
かならないから」と。それが潔い生き方に繋がっています。今回は「一瞬」がテーマ。

鎌田さんはこれまでの半生で「忘れられない一瞬」が3回ありました。18歳の夏の事
進学希望を切り出すと岩次郎さんは「貧乏人は働け!」。その一言に逆上して親の首に
手をかけるという修羅場になりましたが、岩次郎さんの涙を見て一瞬我に返り父子で泣
き出し、「そんなに勉強したいなら、おまえに自由をやる」と言われた瞬間。2回目の
一瞬は、30代になり実の親がいたことを知った時。ただショックは意外になかった。
3回目の一瞬は、15年前にポーランドのアウシュヴィッツ「ビルケナウ強制収容所」
を訪れた時。ナチス政権下で最大級の惨劇があったこの収容所は、運ばれて来た多くの
ユダヤ人が列車を降りる「一瞬」のうちに選別されて、労働力となる男性はバラック建
ての収容所に、女性・子供・高齢者は森の向こう側にある建物(ガス室)へと消えた。
人間の価値を一瞬で選別する行為に、人に内在するケダモノを見た気がしたとの感想。
村上さんの一瞬は、大学3年の時に大学新聞の取材で先輩の中西龍アナウンサーに会い
「アナウンサーは、人の喜びを倍に、哀しみは半分にする仕事」といわれた一言が強烈
に印象に残り、引っ込み思案で人見知りで赤面症だった自分が、なんとアナウンサーを
志し、同時に一言で人生を変えた「言葉の重み」を実感した一瞬を語ります。
その他、登山家の田部井淳子さん、アップルの創業者スティーブ・ジョブス、ジャズシ
ンガー綾戸智恵さん、書家の紫舟さんの「一瞬」に関するエピソードも紹介します。

放送分を聴く
放送日:2014年2月2日

« 1月26日 第93回放送 | メインに戻る | 2月9日 第95回放送 »