文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年2月10日

2月9日 第95回放送

生存競争で「優勝劣敗」は世の常とする欧米人に対して、日本人には「自他共栄」が似
合うと提言する教育改革実践家の藤原和博さんがゲストです。「負けを認める」ことで
人生は拓け、違いを認め合った上で共通のゴールを目指すことが大切という話題満載。

東京生まれの藤原和博さんは、典型的な"いい子"として成長し勉強にスポーツに邁進
東京大学を卒業し、新進のリクルートに入社すると、新規事業開発に没頭して30代で
取締役に就任。40歳で退社しますが、「フェロー」(客員社員)という立場で引き続
き教育分野や介護分野での様々な企画を提案。教育素材の開発を進める中、2003年
から5年間、区立和田中学校の校長を務めます。この和田中学は鎌田さんの母校です。
都内の義務教育初の民間人校長として注目される中、矢継ぎ早に改革を実施しました。
土曜日限定で希望生徒が参加する自主的な学習の場「土曜日寺子屋」略称「ドテラ」や
進学塾の講師が平日の夜、通常料金の半額程度で授業をする「夜スペ授業」等々。改革
は校内に留まらず、地域住民の意識改革も進み、いまや3300校に広まっています。
藤原さんが考える究極の改革提案は「最高の授業ネット~ビデオ・オンデマンド教育」
先生も得手不得手はあり、業務も多忙。そこで、授業のうまい先生のビデオを活用して
ヘタな先生はその教科は教えない。同じ教材を同じ教師が同じスピードで学ばせる一斉
授業は出来ない子や理解の遅い子にとって虐待。教員とビデオが好ましい分業をする。
また、被災地支援も、「チーム藤原」として取り組んでいます。石巻の雄勝という漁港
に縁が出来、校舎が壊滅した雄勝中学校で「よのなか科」の出前授業開講や、雄勝石を
文字盤に使った腕時計の商品開発し、売上金で太鼓2張を寄贈し神楽復活をお手伝い。

放送分を聴く
放送日:2014年2月9日

« 2月2日 第94回放送 | メインに戻る | 2月16日 第96回放送 »