文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年2月25日

2月23日 第97回放送

阪神淡路大震災(95年)、東日本大震災(2011年)大災害の度にボランティアが
大活躍し、ボランティア人口も増え、NPO法人は5万団体に達したそうです。今回は
20年以上前からボランティア活動に携わる「さわやか福祉財団理事長」堀田力さんを
ゲストに迎えて、『ボランティア』をテーマに語り合います。

スタジオに現れた堀田さんはとても傘寿とは思えない軽い足取りで、弁舌もさわやか。
東京地検特捜部検事としてロッキード事件を担当し辣腕をふるった「鬼検事」と紹介す
ると「検事時代も仏の堀田でしたよ(笑)」という堀田さん。91年に退職し、ボラン
ティア活動に乗り出して「さわやか福祉財団」を設立しましたが、ボランティアに目覚
めたきっかけは、外務省に出向し家族と共に滞在した米国での30代後半の経験です。
英語が話せない子供たちに近所のボランティアが「遊びを通じて社会に溶け込むこと」
を教えてくれ堀田家が助けられた体験から「日本とは違うなぁ」と実感して以来ずっと
ボランティの世界に関心を抱いていたそうです。堀田さん曰く「ボランティアは特別な
ことではなく誰でも出来ること」。留守番、電話番、聞き役、添い寝もボランティア。
自分の能力を最大限活かし、人や社会の役に立つよう行動し、生き甲斐に感じること。
震災復興に向けてボランティアの力は大きいと指摘し「不幸な大震災であったからこそ
復興は最大の幸福をもたらすものでなければならない」といい、福祉の視点からいえば
「地域包括ケアのあるまちへの復興」を強調。宮城県石巻市にある被災地最大の仮設住
宅の中にある石巻市立病院「開成仮診療所」兼「包括ケアセンター」所長の長純一医師
等が取り組む「24時間巡回サービス」を例に挙げて「地域包括ケア」を紹介します。

放送分を聴く
放送日:2014年2月23日

« 2月16日 第96回放送 | メインに戻る | 3月2日 第98回放送 »