文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年3月17日

3月16日 第100回放送

2012年4月8日の放送開始から100回になる今回は「絵本朗読スペシャル」です
作家で評論家の柳田邦男さんは「人生で3回絵本を読もう」と言います。最初は幼児期
次は子育てをする時、最後は人生の後半で気持ちを穏やかにしたい時に絵本を読もう!

鎌田さんが朗読『せんそう』エリック・バトゥー/作、石津ちひろ/訳(ほるぷ出版)
赤いお城と青いお城が並んでいました。互いの王も民も仲良く、楽しく平和に暮らして
いました。ところがある日、ささいなことがきっかけで犬猿の仲になってしまいます。
互いの兵が睨み合い、一触即発となったその時、兵の隊列に割って入った子供の姿が!
続いては『ほうれんそうは ないています』鎌田實/文、長谷川義史/絵(ポプラ社)
原発事故でうまれてしまった哀しみ痛みの深さは底しれない。鎌田さんと長谷川さんが
タッグを組んで贈る、いまこそどうしても伝えたい熱いメッセージが込められた絵本。
村上さん朗読『はしるってなに?』和合亮一/文、きむらゆういち/絵(芸術新聞社)
東日本震災の津波と福島第一原発の爆発で、故郷の富岡町を離れて青森の親戚に身を寄
せた少年が、走ることで自分自身に問いかけて答えを見つける話で、村上さんも落涙。
4冊目は『ぼくは、小さくて白い』和田裕美/作、ミウラナオコ/絵(朝日新聞出版)
かつて英語学習プログラム販売で世界第2位の成績を残した営業ウーマン和田裕美さん
の実体験にもとづく絵本。身体が弱くて小さくて目立たないおとなしい子だった彼女が
ペンギン母子の対話を借りて、感謝と勇気を持ちながら自己肯定の大切さを説く絵本。
■プレゼント■ 鎌田實/文、長谷川義史/絵 『ほうれんそうは ないています』を
サイン入りで5名様に進呈。住所、氏名、電話番号を明記、22日必着で応募下さい。

放送分を聴く
放送日:2014年3月16日

« 3月9日 第99回放送 | メインに戻る | 3月23日 第101回放送 »