文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年4月 7日

4月6日 第103回放送

さだまさしさんは鎌田さん村上さん共通の友人。そのさださんの短編小説をもとにした
5作目の映画『サクラサク』が公開されたのを機に、二人で勝手に映画公開記念企画?
『さだまさしがいないところでさだまさしを語る』と題してたっぷりと語り合います。

行商のおばさんと村人のふれあいを暖かく描く原田泰治さんの絵本『さだおばさん』を
読んで感動したさだまさしさんは、原田さんにぜひ会いたいと諏訪に出掛け、たちまち
二人は意気投合。そして、原田さんの紹介で鎌田さんとさださんは知り合い長いお付き
合いが続いています。さださんの『風に立つライオン』は、アフリカでボランティアと
して働いた医師の柴田紘一郎さんのエピソードから誕生した名曲ですが、「ボクたちは
あんな凄いライオンじゃないけど、八ヶ岳に立つ野ウサギくらいにはなりたいと励まし
合っているんだよ」と食事会の席でさださんが耳にした鎌田さんと諏訪地方で僻地医療
に取り組んでいた小松道俊さんの会話から出来たのが『八ヶ岳に立つ野ウサギ』です。
人を幸せにするホルモン「オキシトシン」たっぷりのさださんは、幾たびも東北の被災
地域に足を運び、被災地支援を行なっています。鎌田さんの活動のよき理解者で一緒に
支えてくれる頼もしい助っ人でもあるさだまさしさん。震災後「こういうときのために
有名人になった」といい「勇気と元気は使えば使うほど増えていく」が口癖のさださん
陸前高田市でケアマネージャーとして働くKさん。津波で夫を失い、地震で家は倒壊。
それでも避難所で寝たきり高齢者の世話に明け暮れ、疲労困憊の中で自動車事故に遭い
右手を失いました。公演先でKさんと知り合った鎌田さんは、Kさん夫妻がさだファン
だった事をさださんに伝えるとコンサートで夢のような出来事が...。内容はPlay!

放送分を聴く
放送日:2014年4月6日

« 3月30日 第102回放送 | メインに戻る | 4月13日 第104回放送 »