文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年4月16日

4月13日 第104回放送

成人式は20歳。10歳はその半分だから「2分の1成人式」。近年は10歳を迎える
小学4年生を対象に実施する小学校が増えています。子どもに過去、現在、未来を意識
させて心の成長を促すというものです。今回は『10歳』をテーマに語り合います。

心理学者の河合隼雄さんは「子どもは10歳くらいになった時、この世に"私"という
唯一の存在があることを強く意識する。それは自立の方向に向かう強さと孤独の淋しさ
による不安をともに感じさせるものであり、10歳が大事な転換期であるということは
それが危機であることをも意味している」と述べその時期の重要性を主張しています。
杉並区内の小学校で10歳を迎えた鎌田少年は、ガキ大将で自己肯定感が極めて強い子
だったそうです。野球に夢中になる一方で、貧しさから脱却するには勉強しかないとの
考えも持ち、級友の2倍の勉強をして優秀を保ち、頑張り屋の鎌田少年が誕生します。
片や村上少年の10歳は、新幹線が開業する前、特急『ひびき』に乗って家族3人京都
から千葉県柏市に引っ越し人生初のターニングポイントを経験。転校先では言葉の違い
などに戸惑いを感じながらも、いじめられたという記憶が希薄なのは幸運なことです。
鎌田さんの新刊『未来を生きるきみたちへ』は、命と平和の大切さを次世代に生きるす
べての人に向けて送るメッセージ本ですが、母校の和田小学校、福島県や地元の長野県
の中学校で子供たちに講演したテーマをまとめたものです。何のために勉強するのか?
どうして差別はいけないのか?命はどうして大切なのか?子どもの目線で書きました。
■プレゼント■ 鎌田さんの新刊『未来を生きるきみたちへ』(小学館)をサイン入り
で5名様に進呈いたします。住所、氏名、電話番号を明記、18日消印有効で応募下さい。

放送分を聴く
放送日:2014年4月13日

« 4月6日 第103回放送 | メインに戻る | 4月20日 第105回放送 »