文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年4月21日

4月20日 第105回放送

遺言やユニークな会葬御礼を書いている鎌田さん。遺言の下書きをしている村上さん。
共に還暦を過ぎ、そのときのために少しずつ支度をしている二人の前に現れたゲストは
「生前葬コンサート」をするという古希を迎えたシンガーソングライター小椋佳さん。

『俺たちの旅/中村雅俊』『シクラメンのかほり/布施明』『愛燦々/美空ひばり』等
ヒットメーカーの小椋佳さん。2000曲余りの作品は自身も把握しきれないという。
過去に2回の大病を経験。「病院に行くと病気になりそう」と会社員時代から定期検診
もさぼっていた小椋さん。56歳の時、依頼を受けて『国立看護大学校』の校歌を作り
そのご縁で検診受けたところ、胃がんが見つかり、57歳の5月、胃の4分の3切除。
胆のう、副腎の1つずつ切除。この「がんのおかげで長生き出来た!」と思っている。
2回目は68歳になったばかりの2年前、高熱で入院したら肝機能障害「劇症肝炎」。
1ケ月半にわたる養生でなんとか正常値に戻り、以来「歩禅」と名付けた散歩を一日も
欠かさずに毎日1時間義務付けている。ところが、2月9日大雪にもめげずに歩禅奨励
とばかりに雪の中を歩きだして転倒、右手首骨折という不運に見舞われたが「舌好調」
「きり」のいい年に「けり」つけたいと70歳の決意。最後のアルバムづくりにかかり
『闌(たけなわ)』を発表。「縁も闌ですが...」のタケナワ。本来は真っ盛りの意味で
すが、閉幕を意味する言葉として使い、自身で句読点を打つのにピッタリな言葉です。
『小椋佳 生前葬コンサート』は9月12日から4日間、NHKホールで開催します。
1日25曲ずつ合計100曲重複なしで披露し、ヒット曲はアンコールで応える趣向。
その他、幼馴染でゴールインした佳穂里夫人や「慢性現状不満症」の実態を語ります。

放送分を聴く
放送日:2014年4月20日

« 4月13日 第104回放送 | メインに戻る | 4月27日 第106回放送 »