文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年4月28日

4月27日 第106回放送

鎌田さんは「人間はどこから来て、どこへ行こうとしているのか、人間とは何か?」を
若い頃から考え続け、近年は「文献を読むだけでなく、その場所に立ち考えたかった」
と積極的に海外を旅しながら考えて、この度『人間らしくヘンテコでいい』という本に
まとめました。タイトルはヘンテコですが、至極真面目なエッセイを俎上に載せます。

きっかけは6年前の北極圏の旅。グリーンランドのイスア地方を訪れた時に地球創生期
の地層から発見された「38億年前の微生物の痕跡」を知ります。そして700万年前
に東アフリカに現れた最初の人類の祖先を知り、現在の人類の祖先とされる20万年前
の「ミトコンドリア・イブ」と呼ばれる女性と「生命のつながり」を感じた鎌田さん。
東アフリカの大地溝帯に住んでいた「変わった若者」が安住の地を捨て「出アフリカ」
を試みて、東へ東へと移動し今日の私たちの祖先となりますが幼い頃かろ「変わり者」
を自覚していた鎌田さんは、太古のヘンテコな人間に興味を抱いて3度アフリカ取材。
更に、アウシュビッツの強制収容所を訪れた時、20世紀を代表する頭脳明晰な哲学者
のハイデッカーが何故ナチスに協力したか?人間は不可解な存在であると実感します。
鎌田さんは、本能や無意識の世界を大切にしながら、暴走させないよう、理性と意識に
磨きをかける必要があると言い、自分と価値観の異なるたくさんの人と関わり、残虐性
や愚かさを見据え、体の芯で考え抜く。また、利己的な生命体が利他的に生きることで
生きやすくなり、幸せを感じるようになっているとも。人間らしさ=ヘンテコと説く。
■プレゼント■『人間らしくヘンテコでいい』(集英社)を鎌田さんのサインを入れて
5名様に進呈いたします。住所、氏名、電話番号を明記、5月7日必着で応募下さい。

放送分を聴く
放送日:2014年4月27日

« 4月20日 第105回放送 | メインに戻る | 5月4日 第107回放送 »