文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年6月23日

6月22日 第113回放送

「青い空と海、温もりのある言葉、さりげないもてなし」沖縄の魅力を挙げる村上さん
に鎌田さんは「島らっきょう、ソーキそば、ジーマミ豆腐」と食べ物を挙げ、更に平和
を意識する「読谷村のガマ」や「本部町備瀬のフク木並木」がお勧め風景といいます。

今回のテーマは「沖縄」。明日6月23日は太平洋戦争における沖縄戦の終結した日と
して沖縄県は「慰霊の日」と定めて、毎年「沖縄全戦没者追悼式」を行っています。
去年の追悼式では、与那国町立久部良小学校1年生(当時)の安里有生君が平和の詩を
朗読しましたが、その『へいわってすてきだね』が今年の「慰霊の日」に合わせ東京の
出版社「ブロンズ新社」から絵本として出版されることになりました。独特のタッチと
ユーモアあふれる作品で人気の高い絵本作家の長谷川義史さんが絵を担当しています。
「ずっとへいわがつづくように ぼくも、ぼくのできることからがんばるよ」と素朴な
言葉で紡いだ有生君の平和への思いを読んだ長谷川さんは「今描かなきゃと思った」。
鎌田さん作、長谷川さん絵の『ほうれんそうは ないています』(ポプラ社)に続く絵本
となりますが、今回も村上さんが朗読する『へいわってすてきだね』が聴きものです。
後半は、かつては長寿県だった沖縄が長野県に抜かれた「二六ショック」に触れます。
男性の平均寿命が4位から26位に急落。魚と果実を食べない(最下位)、緑黄色野菜
を食べない(36位)、肉類(1位)、肥満度(1位)。データは悪化の一途をたどり
食の欧米化が問題とされています。魚や野菜をもっと食べ、ステーキや焼き肉は控えて
沖縄伝統の「らふてぃ」のような脂を抜いた肉を食べて欲しいと鎌田さんの指摘です。
その他、竹富島、久米島、『ちゅら海水族館』や『佐喜間美術館』等々も紹介します。

放送分を聴く
放送日:2014年6月22日

« 6月8日 第112回放送 | メインに戻る | 6月29日 第114回放送 »