文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年6月30日

6月29日 第114回放送

きのう66歳になった鎌田さんと明日61歳になる村上さん。「御髪に若返りの兆候が
見えるのでは?」にほくそ笑む二人。『おしん』女優の小林綾子さんをゲストに迎えて
大正時代の童謡詩人「金子みすゞ」をテーマに3人それぞれお気に入りを朗読します。

小林綾子さんは、1983年にNHK連続テレビ小説『おしん』の少女時代を熱演して
一躍有名になりましたが、デビュー作はTBSの『仮面ライダー』の悪役ショッカーに
さらわれて「助けてー!」と叫ぶ少女の役だったとか。『おしん』は約80の国と地域
で放映され、苦難に遭いつつも諦めずに生きた主人公の姿が今も共感を呼んでいます。
小林さんは95年にドラマで金子みすゞ役を演じ、「ここまで優しい考え方をする人が
いることに驚いた」とその衝撃的出会いから、折に触れて朗読会などを続けています。
金子みすゞは、1903年に山口県の仙崎村に生まれ、物静かだけれども好奇心旺盛で
読書好きな少女でした。二十歳の時に下関随一の書店「上山文英堂」の支店で働き始め
仕事のかたわら童謡を書いて投稿したのが縁で、西條八十に認められ、若き童謡詩人と
なりますが、結婚した夫に詩作を禁じられ、一女をもうけながらも理解のない夫と離婚
26歳の短い生涯を自ら閉じました。没後、みすゞの作品は埋もれ、生い立ちも知られ
ぬまま半世紀が過ぎた頃、熱心な研究者が遺族の協力を得て84年『金子みすゞ全集』
を発刊。今年は発刊から30年の節目に当たります。512編あるみすゞ作品の中から
小林さんは『露』『蜂と神様』『草原の夜』『私と小鳥と鈴と』、鎌田さんは『すずめ
のかあさん』『木』、そして村上さんは『積もった雪』『なまけ時計』を披露します。
みすゞの言う「みんなちがって、みんないい」の意味を、今こそ考えるべき好機です。

放送分を聴く
放送日:2014年6月29日

« 6月22日 第113回放送 | メインに戻る | 7月6日 第115回放送 »