文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年7月 7日

7月6日 第115回放送

明日7月7日は七夕です。笹の葉に願い事を書いた短冊をくくりつけ、夜空の天の川を
眺めますが、今回は「難病の子どもたちの願いごと」を叶えるために活動を続けている
団体「メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン」の大野寿子さんをお迎えしました。

「メイク・ア・ウィッシュ」とは英語で「願いごとをする」の意味で、現在は子ども達
の夢や願いを叶えるボランティア団体の名称として知られています。1980年、米国
アリゾナ州に住む7歳のクリス君は警察官になるのが夢でした。しかし白血病にかかり
学校に行くこともできなくなってしまいました。この少年の話を聞いたアリゾナ警察の
警察官達は、彼に制服とヘルメットとバッジを用意し、名誉警察官に任命したのです。
5日後、クリス君は亡くなりました。ほんの短い間でしたが彼の願いは叶ったのです。
クリスの夢の実現に関わった人々は、他にも、大きな夢を持ちながら、難病のため夢を
叶えることができない子どもたちがいるに違いないと考え「メイク・ア・ウィッシュ」
基金を設立して、その活動は世界各国に拡散、夢を実現した子は334000人、日本
では2288人が夢を叶えています。日本では92年に設立され事務局長の大野さんは
94年から活動に参加し、今まで夢を叶えた子どものエピソードの数々を紹介します。
「生きている間に夢を叶えてあげる」が基本ですが、残念ながら間に合わずに12歳で
旅立った大阪の米野嘉朗君も応援を受けた一人です。吉本のお笑い芸人に憧れながらも
病状重く叶いません。でも彼は見事な詩を遺し、詩集『いつかぼくもビーズになる!』
(東方出版)として出版することが出来ました。詩集から三人三様の詩を選んで朗読し
感涙にむせびます。子どもの夢を叶える度に多くの感動が生まれることがわかります。

放送分を聴く
放送日:2014年7月6日

« 6月29日 第114回放送 | メインに戻る | 7月13日 第116回放送 »