文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年7月22日

7月20日 第117回放送

イラク、シリア、イスラエル、パレスチナの中東諸国から連日のようにきな臭い情報が
届いています。民族間や宗派間の対立、石油利権にからんだ闘争、過激派のテロ闘争も
頻発して出口の見えない状況が続く中、これらの地域に医療支援を続けている鎌田さん
が憂いと憤りを抑えながら語るテーマは『鎌田さんのわかり易い最新中東情勢』です。

イラクでは、イスラム教スンニ派の「フセイン独裁政権」崩壊後に誕生したシーア派の
「マリキ政権」のもとで正常化に向かうと思われましたが、シーア派を重用する新政権
に不満が集中して両派間の対立は続き、加えて北部一帯で強い影響力を持つクルド族は
民族独立希求が強く、従来のこれら3つの勢力による対立が基本構図でしたが、さらに
急進的な宗教政治思想を掲げたスンニ派『イラク・シリア・イスラム国(ISIS)』
という過激派が勢力を台頭させて各地を征圧し、イラク国内の混迷は続いています。
2004年にイラク支援を開始し、国内4つの小児病院へ薬を送り、難民キャンプでも
診察を続けている『JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)』は6年前に
イラク北部の都市アルビルに事務所を構えて活動。隣国シリアの内戦を逃れてイラクに
流入した多くの難民の中から子供や妊婦を優先して砂漠の難民キャンプで医療支援して
きましたが、今回のISISの侵攻でイラク第二の都市モスルで発生した多くの国内難
民も又キャンプに押し寄せてきて、JIM-NETのスタッフはてんてこ舞いの状態。
また、イスラエルとパレスチナの火種は消えるどころか燃え上がるばかり。イスラエル
内のパレスチナ自治区ガザでの戦闘も激化して、戦いの犠牲になるのはいつも一般人で
あり子供たち。民族や宗派の違いを乗り越える力を身につけないと人類に未来はない!

放送分を聴く
放送日:2014年7月20日

« 7月13日 第116回放送 | メインに戻る | 7月27日 第118回放送 »