文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年7月28日

7月27日 第118回放送

不身持ちの夫から逃れたい女性が駆け込んだ「駆け込み寺(縁切寺)」は江戸幕府公認
の鎌倉「東慶寺」が有名ですが、新宿・歌舞伎町で現代版の駆け込み寺を開設している
玄秀盛さんを迎えて、玄さんの複雑怪奇な崖っぷち人生と駆け込み寺事情を聴きます。

「公益社団法人日本駆け込み寺」代表玄秀盛(げんひでもり)さんは1956年大阪市
西成区で在日韓国人として生まれ、「4人の母と4人の父」のもとを転々と育ちます。
どこでも邪魔者扱い、虐待され、常に空腹で、人の顔色ばかり見ながら成長した少年は
補導歴8回、逮捕歴5回という特異な経歴がその荒んだ生活を物語っています。中学を
卒業し30を超える職業を経験。建設現場への人材派遣会社を手掛け、不動産、金融と
さまざまな会社を立ち上げ年商20億円の実業家になりますが、44歳で一変します。
2000年、献血の検査結果から白血病の一つ「成人T細胞白血病」を起こすウイルス
保菌者であることが判明。いつ発病するのかわからない時限爆弾を体内に抱えて、発病
したら余命は1年?と言われ、自分が命の瀬戸際にいることを実感させられた玄さん。
死を思うからこそ、生を真剣に考えるようになり、その途端に執着してきた金儲けへの
興味が急速に失われて、「社会で困っている人を助ける相談窓口」を開設しました。
相談件数で多いDVは、女性を助けるだけでは減らないので、加害者である男性に気付
かせるのが大事で、どんな脅しにも屈せずに相手を諭す玄さんの本領が発揮されます。
今年秋に『出所者の居酒屋』を歌舞伎町に開店し、コミュニケーションを磨く場にして
彼らが過去を笑えるようになれたらと願いつつ、天からの「与命」に生きる玄さんです
「日本駆け込み寺」への相談は、03―5291―5720(午前10時~午後6時)

放送分を聴く
放送日:2014年7月27日

« 7月20日 第117回放送 | メインに戻る | 8月3日 第119回放送 »