文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年8月18日

8月17日 第121回放送

名古屋のレストランで「嬉しい言葉の伝道師」然とした陽気な店員に会った村上さんは
「ことばは、使い方次第で武器にも楽器にもなる」といいます。間髪を容れず鎌田さん
「ことばは、心を温めるストーブにもなる」といいテーマは『伝えたいことば」です。

鎌田さんは2年前にイスラエルとパレスチナのガザ地区を訪ねて、ヘブライ語とアラビ
ア語に翻訳した『アハメドくんのいのちのリレー』を現地で配布しました。イスラエル
に囲まれたパレスチナ人のガザ地区での緊張感漂う生活から、1963年ジョン・F・
ケネディ大統領の有名な演説を思い出しました。壁に囲まれた西ベルリンでの演説です
「自由主義は多くの難題を抱えており、民主主義は完全ではありません」と断った上で
「自由主義は分かち難いものであり、一人でも奴隷的な拘束を受けている状態では完全
な自由とは言えない。全ての人々が自由になったとき、平和で希望に満ちた地球で一つ
になる日の訪れを期待することができるのです」と訴え『私はベルリン市民である』と
最後に加えました。今こそ世界中の人がガザ市民に思いを馳せないと、本当の自由はこ
の地球上にはやってこないと鎌田さん。また、好きなアーネスト・ヘミングウェイ作品
の『誰がために鐘は鳴る』『日はまた昇る』『老人と海』から好きな言葉を披露します
村上さんは、売れっ子でバラエティ番組に出演している教育評論家の「尾木ママ」こと
尾木直樹さんの魔法のことば「ま、いいか」が生まれた経緯を紹介。反対に絶対に使わ
ないことばとして「でも」「だって」「どうせ」の3D言葉は禁句にしているという。
更に、独創的な経営哲学による酒造りを実践している千葉県の『寺田本家』の先代社長
寺田啓佐さんは大病を機に人生観が変わり、「それいいね」が口癖になったそうです。

放送分を聴く
放送日:2014年8月17日

« 8月10日 第120回放送 | メインに戻る | 8月24日 第122回放送 »