文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年8月25日

8月24日 第122回放送

80年代。女優の叶和貴子さんはテレビ、映画、舞台など幅広い分野で活躍。また和服
の似合う美人女優ゆえに『黄桜』などCMでも存在感をアピールしていましたが、この
20年間は関節リウマチと向き合った生活を続けています。今回は叶さんをお迎えして
病気から学んだことや、色々な体験から得た人生哲学をたっぷり語っていただきます。

北海道函館生まれの叶さんは、幼い頃から歌手に憧れ、その想いを強くしたけっかけは
『恋の季節』のピンキーとキラーズの函館公演だったとか。縁があってピンキーこと今
陽子さんとは今でも親交があるそうです。また、叶さんはアクティブな健康優良少女と
して育ち、中学・高校時代は陸上競技で活躍。80メートルハードルで北海道道南記録
をマーク、現在は100メートルに変更されているので不滅の記録?とか。芸能界入り
のきっかけは、『桐朋学園短期大学・音楽科』在籍中に学園祭の「のど自慢」に参加し
スカウトされて、ピンクレディーや郷ひろみのバックコーラスを担当するようになり、
女優への転身のきっかけは、郷さんが「和服の似合う美人女優」を探していた久世光彦
プロデューサーに紹介したことにから、TBS『源氏物語』でデビューとなりました。
順風満帆の80年代でしたが、91年の年末、お芝居の稽古中、喉の扁桃が腫れて高熱
が出し、悪寒があり、経験したことのない体の痛みを覚え診断結果は「関節リウマチ」
とされながらも、熱が下がると体の痛みも治まるので2、3年は放置したままでしたが
病状が悪化して97年にいったん芸能活動を休止し、治療に専念することにしました。
2000年に活動を再開。病気を機に違う自分を見極めることを覚え、リウマチ闘病の
経験をもとにした講演活動を行っています。座右の銘はひらがなで「いっぽいっぽ」。

放送分を聴く
放送日:2014年8月24日

« 8月17日 第121回放送 | メインに戻る | 8月31日 第123回放送 »