文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年9月29日

9月28日 第127回放送

講師として大阪の「追手門学院大学」で教壇に立ち、学生と「嬉しいことば」を交わし
合っている"舌好調"の村上信夫さんと、新刊『1%の力』(河出書房新書)売れ行き
上々の鎌田さんによる不定期シリーズ『伝えたいことば』第2回をお届けします。

まずは鎌田さん。天孫降臨の伝承地を古くから守ってきた宮崎県の古社「高干穂神社」
の後藤俊彦宮司とお会いした際の話。国の重要無形民俗文化財指定「高千穂の夜神楽」
を東北の被災地で奉納した時に、津波で家族を亡くした漁師が「海が残ったからね」の
一言から宮司自身が希望を繋いだ話。実は、宮司自身も後継者の長男をくも膜下出血で
失いましたが、訃報の前日に4人目の孫の懐妊がわかり、「長男を亡くしたが新しい命
が宿ったんだからね」と思えるようになったそうです。他に英国の心理学者リチャード
ワイズマン博士の言葉「チャンスを最大限に広げられる人が幸運を作り出す」。アイル
ランド出身の詩人で劇作家のオスカー・ワイルドの言葉「僕たちは、みんな、どぶの中
に生きる。でも、そこから星を眺めているやつらがいるんだ」など体験談と共に紹介。
一方の村上さんが選んだのは、作家高田郁さんの『銀二貫』より「だんない、だんない
だいじない」。主人公の丁稚・松吉が励まされるおまじないの言葉。「だんない」は、
関西の方言で「だいじょうぶ」「気にしないでいいよ」という意味です。故郷の丹波で
幼い頃に転んでもお祖母さんの「だんない」と言われ痛みが和らいだ記憶が甦ります。
さらに、将棋の加藤一二三九段の著書の中から「負けたら自信が湧く」を紹介します。
74歳の現役棋士加藤さんは、現在1127敗・1316勝でこんなに負けている棋士
も勝っている棋士も加藤さん以外にいない。敗北を糧として立ち上がる加藤九段です。

放送分を聴く
放送日:2014年9月28日

« 9月21日 第126回放送 | メインに戻る | 10月5日 第128回放送 »