文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年10月 6日

10月5日 第128回放送

自称「変り者」の鎌田さんですが、高校時代は御多分に洩れず社会に目を向けるように
なり、異性への関心も高まりました。でも「親友も焦れているのを知っていたので」と
身を引いた東京都立西高校時代のマドンナ池田香代子さんをゲストにお迎えしました。

ドイツ文学翻訳家の池田香代子さん、高校時代のもっぱらの関心事といえば読書と週末
訪ねる障害児施設でのボランティアだったとか。無頼派の鎌田さんとは甚だしい落差。
ところが、そんな2人は40年ぶりに再会して、往復書簡を交わすことになりました。
2007年に出版した命と平和の往復書簡『黙っていられない』(マガジンハウス)は
社会の為に何か行動を起こす事と、身近な人に心寄り添う事の大切さを伝えています。
遡って、池田さんを一躍有名にしたのは、ノルウェーの高校の哲学教師ヨースタイン・
ゴルデルが哲学をわかり易く伝えるために書いたファンタジー小説『ソフィーの世界』
(NHK出版)。もう一冊は『世界がもし100人の村だったら』(マガジンハウス)
2001年9月11日、アメリカで発生した大惨事。それを機にアフガニスタンに侵攻
したことを受けて同書を出版。パキスタン・アフガニスタンでの医療活動に取り組んで
いる「ペシャワール会」の中村哲医師を支援するために、何か出来ないかと思案の末に
インターネット上に流布している「世界村」の寓話を集め池田さんがまとめた本です。
同書は「平和を願う意識」を呼び起こしてベストセラーとなり、『100人村基金』を
設立して印税は全て寄付、NGOや日本国内の難民申請者の支援に当てています。新刊
の『新・戦争のつくりかた』(マガジンハウス)という絵本は、10年前の改訂新版で
絵本の体裁をとっていますが、内容はいま大人が真剣に考える問題を提起しています。

放送分を聴く
放送日:2014年10月5日

« 9月28日 第127回放送 | メインに戻る | 10月12日 第129回放送 »