文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年10月27日

10月26日 第131回放送

鎌田さんとアメリカ在住の笹森恵子さん(被爆体験と平和の語り部)が食事をした際に
同席した歌手のクミコさん。笹森さんを「マミ―」と慕う旧知の仲ですが「最近クミコ
が有線チャートで上位のいい曲を歌っている」という話から今回ゲストに招きました。

9月26日に還暦を迎えたクミコさんは、石巻市での「還暦セレブレイトコンサート」
を紹介。2011年3月11日、コンサートで石巻市を訪れていた時に東日本大震災に
遭遇して以来「きっとツナガル基金」を立ち上げて、支援活動を続けています。津波で
壊れたグランドピアノを修復した「再生ピアノ」は、市内の「サルコヤ楽器店」のもの
だった縁もあり店主ほか地元の方々が今回の還暦コンサートを盛り上げてくれました。
お箸と赤いチャンチャンコ、そして心のこもったお祝いにいたく感激したクミコさん。
もうひとつの話題は、86歳でご健在の両親を病院まで付き添う孝行娘の一面を紹介。
両親は水戸の小学校の同級生。母親は「いい男がみんな戦争にとられたから仕方なく」
と言いながら「ダイヤモンド婚式」の60年。心臓を患う父と、両手骨折から変調気味
の母を連れての病院通いに付き添って、医師との会話のつなぎ役に徹しているという。
そして、いよいよ「歌の話題」。340年以上も歌い継がれているスコットランド民謡
の名曲「The Water Is Wide」のカバー曲『広い河の岸辺』です。
どんなに絶望的な状況でも、愛の小舟を二人で漕ぎ出せば、希望の未来にたどり着ける
という内容の歌で、ケーナ奏者でもある八木倫明さんが訳詩して「クミコさんに歌って
ほしい」との手紙を受け取ったご縁から誕生した作品です。「河は広く 渡れない」...
という詩にクミコさんは「被災地」を重ねたそうです。更に歌謡曲を歌う心境も吐露。

放送分を聴く 放送日:2014年10月26日

« 10月19日 第130回放送 | メインに戻る | 11月9日 第132回放送 »