文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年11月24日

11月23日 第134回放送

鎌田さんと村上さんに共通するお好みの女性?気性はさっぱりしていて、容姿はすらり
とした人。今週のゲストは、鎌田さんが初めて会った時に思わず「きりん」と形容した
婦人雑誌やテレビで活躍中のファッションモデル・園田マイコさんです。

園田マイコさんは、2008年の秋に乳がんが見つかり、翌9年の2月に乳房温存手術
を受けました。術後は5年にわたり再発や転移を防ぐホルモン治療を続けてきましたが
7月にその治療を終えて、がんとの闘いに一区切りをつけ、乳がん宣告から今日に至る
思いを吐露します。入浴中に触診して「?」と思い、母親も乳がんを患った経験がある
ので自分もリスクが高いと思って婦人科を訪ね、医師から「大丈夫」と言われて安心し
別の病院でセカンドオピニオンを求めると一転「乳房全摘」を勧められ、サードオピニ
オンを求めた病院では「温存でいきましょう!」。目まぐるしく展開される中、失意の
どん底で当時中学生だった一人息子と元夫の優しさに包まれたエピソードを語ります。
術後の抗がん剤投与が始まると、副作用から不快な日々を送り心身ともに最悪の状態。
モデルという職業がら最も辛かったのは「脱毛」。息子が「怖い!」と言ったのを機に
坊主頭のスキンヘッドになる決意をして『モデル、40歳。乳がん1年生。』(ベスト
セラーズ)の表紙にスキンヘッドの写真を使った体験的エッセイは話題になりました。
モデルの仕事に支障が出るのを覚悟した上で公表したのは、同じ病気で苦しんでいる人
や支えている人の励ましの一助となればという思いから。「あなたはひとりじゃない」
というメッセージが伝わります。マイコさん自身が多くの人に支えられたからこそ今の
自分があると自覚している彼女は「恩返し」という言葉を口にしつつ、夢も語ります。




放送分を聴く<br />
放送日:2014年11月23日


« 11月16日 第133回放送 | メインに戻る | 11月30日 第135回放送 »