文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年12月 1日

11月30日 第135回放送

『ママ日曜でありがとう』('65/TBS)で魅力的なママを演じた香川京子さんに
一目惚れし、小学生の信夫少年は「こういう人と結婚したい!」と思ったそうで、その
片思いは50年を経た今も変わらず、ご本人を前に緊張する村上さん。学生時代は年間
150本も観たという映画好きの鎌田さんにも待望のゲストとなった香川京さんです。

12月5日に83歳を迎える香川さん、スタッフ一同はまず魅力的な声に驚きました。
名作を含め120本を数える作品に出演した屈指の女優でありながら、大女優然とせず
控えめな語り口がこれまた好感度を増します。「新東宝」から17歳で銀幕デビュー。
当時の俳優は映画会社と専属契約を結び、与えられた役をするのが俳優の宿命でしたが
「私は昔から束縛されるのがいやで、自分が出る作品は自分で選びたい」と思い切って
20歳でフリーに転身。「五社協定」が結ばれる直前の独立も奏功し香川さんは、成瀬
巳喜男、小津安二郎、溝口健二、黒澤明...日本映画の名だたる監督作品に数多く出演。
今回は思い出の作品として『近松物語』('54)を挙げ、溝口監督は演技指導よりも
「反射してますか!?(リアクションが出来ているかの意味)」を連呼されて、自分で
考えるしかなくて苦しみの中で芝居の根本を教えられた作品と回想。また、黒澤明監督
の作品には『どん底』『悪い奴ほどよく眠る』『天国と地獄』『赤ひげ』の4作で三船
敏郎さんとコンビを組み、黒澤監督最後の作品『まあだだよ』にも出演。その黒沢監督
が「溝口監督の作品に出た女優さんはいい。自分で考えるから」という逸話を披露して
浪花千栄子、田中絹代、原節子、南田洋子、八千草薫さん等の名前も挙がる鼎談です。
「国際フィルム・アーカイブ連盟賞」受賞話や「次は喜劇に!」意欲を示す香川さん。

放送分を聴く
放送日:2014年11月30日

« 11月23日 第134回放送 | メインに戻る | 12月7日 第136回放送 »