文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年12月22日

12月21日 第138回放送

「感性」とは、美意識や直感力のような「脳の潜在域で起こる意識のイベント」です。
個人の才能やセンスとして、客観的には語りきれないとされた分野でしたが、脳科学が
発達したおかげで、感性は科学的に解明されつつあります。テーマは「感性と言葉」。

「感性リサーチ」とは? 聞き慣れない言葉ですが、脳の潜在域で起こる事を研究して
ビジネスや人間関係などに活かすことです。同分野の第一人者黒川伊保子さんをゲスト
にお迎えしました。黒川さんは、奈良女子大学で物理学を専攻され、富士通の研究所で
人工知能の研究開発を続け、脳科学の見地から市場の気分を読み解く感性アナリストと
して独立。現在は商品のブランディングやネーミングの際にその実力を発揮しています
『日曜はがんばらない』は?黒川さん曰く「意味的には心を掴むいい番組名だがガンバ
は力が入るので、語感的には『日曜はのほほん』の方が伝わるかも」と分析しました。
鎌田實のミノルの「う段」の音で終わる名前は、舌を奥にぐっと引く音なので、内在し
たものの強さや、内に秘めた物を感じさせるクリエイティブで期待感を抱かせる名前と
評し、村上さんのノブオの「ノ」は舌を優しく上顎に付けた後大きく広げる音。「オ」
は包み込む音。「ノ」と「オ」が人を包み込む。「ブ」は舌を震わせて賑やかで生命力
を感じさせる音なので、優しさと人情を感じさせブロードキャスターに合う名前とか。
その他に、脳科学の見地から男性と女性の性差(考え方や価値観を含む)について話し
右脳と左脳の連携の強弱が男性脳と女性脳を分けているということで科学的に男女差を
論じています。普段の日常生活から仕事や恋愛まで男女の織りなす理解が不能な互いの
コミュニケーションにずれが生じる理由がわかります。意見があわなくて当然と納得!

放送分を聴く
放送日:2014年12月21日

« 12月14日 第137回放送 | メインに戻る | 12月28日 第139回放送 »