文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年1月13日

1月11日 第141回放送

1995年1月17日午前5時46分「阪神・淡路大震災」が発生。甚大な被害をもた
らした大震災ですが、一方で多くの教訓を得ました。発生から20年を迎える17日を
前に、大震災で肉親を失われた方に思いを馳せつつ、教訓をどう活かすかを考えます。

当時の村上さんは、朝6時からの定時ニュースを控えて、ニュース原稿の下読みをして
いる最中に震災が発生しました。通信網の混乱から情報が錯綜してニュースの第一声は
「東海地方で地震がありました」だったそうです。その後、時々刻々と被害状況が判明
して未曾有の大震災であることが被災地からの報告で知るところとなりました。一方の
鎌田さんは自宅の岩次郎小屋で大きな揺れを感じながらも、「まさかあれほど大きいな
被害が出るとは思わなかった」そうですが、その後の情報で被災地の状況を知ると即座
に「諏訪中央病院」から3名の医療スタッフと薬を積んだ車を被災地に派遣しました。
スタッフは得意とする「在宅ケア」で病院に行けない災害弱者のケアに奔走しました。
2人の被災者に電話を繋ぎ伺いました。まず中国古箏演奏家の伍芳(ウーファン)さん
上海生まれの伍さんは25年前、日本で働いていた姉の伍鳴(ウーメイ)さんを頼って
来日し、大学に通いながら演奏活動を続けていましたが、マネージャーのように支えて
くれた姉を大震災で亡くし、そのショックからどのように立ち直ったかを語ります。
もう一人は西宮市の高井千珠さん。双子の将くん優ちゃんと共に里帰り中に震災に遭い
将くんを失いました。震災から5年経った命日に『将君のホームページ』を立ち上げた
のを機に、同じように家族を失った境遇にいる人たちとの交流、絵本や作詞活動を通じ
親が子に寄せる想いや、「いのちの大切さ」を伝えるメッセージを送り続けています。

放送分を聴く
放送日:2015年1月11日

« 1月4日 第140回放送 | メインに戻る | 1月18日 第142回放送 »