文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年1月19日

1月18日 第142回放送

12月26日に日本を発ち、トルコのイスタンブール経由でヨルダンの首都アンマンに
入り、聴診器と薬を手に隣国シリアからの「難民医療支援」をヨルダンとイラクでおこ
なって1月4日に帰国した鎌田さん。今回のテーマは「現地での医療支援報告」です。

20時間をかけて到着したヨルダンのアンマン。翌朝から早速活動開始。ヨルダン北部
の街イルビドにシリアのダラアという街から避難してきた難民の家を訪問。子ども3人
を亡くし、ひとり生き残った15歳の娘は左腕を失い、母親も左足を失った一家。父親
は「戦争は人生のすべてを奪った」と。絶望の中で唯一の希望があるとすれば、隻腕の
娘が「医者になりたい。スウェーデンに行って医学部に入る」との夢を抱いている点。
「シリア内戦」に巻き込まれた国外難民は150万人ともいわれ、ヨルダン北部にある
最大のザアタリーキャンプには、ピーク時で20万人、現在は10万人が暮らしており
鎌田さんが代表の「JIM-NET」は、このキャンプの仮設病院を応援しています。
特に戦争で傷つき手や足を失った人たちの機能回復訓練をしていますが、2人の日本人
女性スタッフと共に鎌田さんが勧めたのは、女性の機能回復訓練や在宅リハビリです。
宗教や習慣の違いから女性患者がリハビリセンターに通うのは難しい事情もあり、現地
のドクターや理学療法士たちも日本人が提案の在宅リハビリに高い関心を示したとか。
「JIM-NET」が拠点を置くイラクのアルビルでは、スタッフがクルド人に食べて
もらおうとラーメンを用意したら、食堂の主が意気に感じてサラダや肉料理や豆料理を
作って難民キャンプまで運んでくれた話など、盛りだくさんの鎌田さんリポートです。
力には力で対抗しようとするが「愛の力が必要!」「相手の身になって考える」とも。

放送分を聴く
放送日:2015年1月18日

« 1月11日 第141回放送 | メインに戻る | 1月25日 第143回放送 »