文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年3月 9日

3月8日 第149回放送

「東日本大震災」からまもなく4年。被災地でリクエストの多い歌の中にクミコさんの
『広い河の岸辺』があります。原曲はスコットランド民謡『The Water Is
Wide』ですが、訳詞をしたケーナ奏者の八木倫明さんは震災直後から被災地を訪ね
演奏を続けています。八木さんが被災地で見聞したことや運命的な出会いを伺います。

まずは八木倫明さんのプロフィール。1958年山形県で生まれ、中学時代に吹奏楽を
始め、早稲田大学卒業後は「日本フィルハーモニー交響楽団」で企画制作や広報宣伝を
担当。大学時代に南米の民族楽器ケーナと出会い、働きながら演奏を続けていましたが
52歳で演奏家として独立。不安定な生活故に図らずも妻子と離れることになります。
『The Water Is Wide』は350年ほど前から伝わるスコットランド
民謡ですが、60年代に米国のフォーク歌手ピート・シガーやボブ・ディラン等が唄い
世界的に知られることになりました。八木さん自身この歌の楽譜を初めて目にしたのは
2006年。シンプルだが何か説得力を秘めた旋律に心惹かれたので温めていました。
2010年の元旦に、訳詞は完成。詩心のないのに、詩人の魂が舞い降りてきたように
5分で完成したのは「離婚」という自分の置かれている状況に歌詞が一致したからで、
家庭人としては沈む方の道、音楽家としては泳ぐ方の道を選んだ自身に重なりました。
また、被災地ではお馴染みの曲と共に『広い河の岸辺』も披露。未曾有の被害にあって
見えない向こう岸に向かって小舟を漕ぎ出す想いに、重なる想いがあり「ありがとう」
の言葉と共に涙する方々の声が忘れられないといいます。沈み方も泳ぎ方も知らないで
広い河の岸辺に立ち尽くし、それでもかすかな希望を託す人にそっと寄り添う歌です。

放送分を聴く 放送日:2015年3月8日

« 3月1日 第148回放送 | メインに戻る | 3月15日 第150回放送 »