文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年3月23日

3月22日 第151回放送

蛮行を繰り返す「『イスラム国』を名乗る過激派組織=IS(イスラミックステート)
が世界中を震撼させています。2004年にイラク支援を開始して以来、アラブの世界
で医療支援を続けている鎌田さんが「僕は聴診器でテロとたたかう」と声をあげました
そして緊急出版した「『イスラム国』よ」(河出書房新社)を村上さんと紹介します。

2004年8月イラクの隣国、ヨルダンでイラク人医師10人と支援会議を開いて以来
イラクの小児病院へ医薬品を送り、自ら難民キャンプを訪れて診察を続けて来ました。
医療支援をおこなうために10年間アラブ世界の現地を行き来してきた鎌田さんがいま
憂慮するのは過激派集団『イスラム国』が、異教徒を非人道的な手段で排除する行為。
そして、イスラム教の国の人々と『イスラム国』を同一視して、憎しみや反感をイスラ
ム世界全体に向けられてしまうこと。難民キャンプで日本人スタッフが「炊き出し」を
計画したら、食堂の主人が食材を用意し料理をふるまってくれた「喜捨」のエピソード
などを語ります。また、ヨルダンの難民キャンプに逃れてきたシリア人の父親が語った
話として、優秀な息子はアサド政権の非人道的な行為に反発して『イスラム国』に懐柔
されて参加したが無残な末路を迎えたそうです。凶暴な集団を倒すには武力ではなくて
人道支援が有効ではないかと提唱する鎌田さん。人間には、危険な暴力性がある一方で
人間らしい優しい心も持っているから、日本としては非軍事支援こそが最大の安全網で
相手国に行き、困っている人を助けたら感謝が生まれる。医療支援がその好例という。
■プレゼント■『「イスラム国」よ』(河出書房新社)サイン入りで5名に進呈します
ご希望の方は、住所・氏名を明記のうえご応募ください、27日(金)消印有効です。

放送分を聴く
放送日:2015年3月22日

« 3月15日 第150回放送 | メインに戻る | 3月29日 第152回放送 »