文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年3月31日

3月29日 第152回放送

長野県松本市の浅間温泉にある臨済宗妙心寺派の「神宮寺(じんぐうじ)」。高橋卓志
住職は鎌田さんの旧友ですが「住職は十職」というようにまさに八面六臂の活躍です。
ゲストの小室等さんと鎌田さんは住職を介して知遇を得、長年の親交を結んでいます。

日本のフォーク・ソング界の牽引者で重鎮の小室等さんは『花はどこへ行った』のキン
グストン・トリオやPP&M(ピーター・ポール&マリー)、ピート・シガーを聞いて
アメリカの公民権運動や反戦運動に傾倒し、そのムーブメントを日本に定着させようと
努めますが、本人いわく「当時は上から目線で発言していたのに気付き、発言を憚るよ
うになった」と。ただし、社会派のシンガーソングライターであることに変わりはなく
高橋住職や鎌田さんが立ち上げた「日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)」の理事に
就任。1992年に小室さんが初めてベラルーシ共和国を訪れた時の話を披露します。
鎌田さんの「5月は良い季節だから行きましょう!」を信じて訪れると現地は雪と氷雨
で春の気配は一向にない。小室さんと同行の写真家・本橋誠一さんが民家から調達した
自家製ウォッカや酢漬けキノコを前にして、汚染された食材を口にするのは躊躇したが
現地の人達はそれでも喰わざるをえない現実と日々向き合っていることを目の当たりに
して、皆で食べることにしたという。また、1995年に発生した「阪神淡路大震災」
を機に、被災障がい者の救援と復興支援を目的に、永六輔さんや小室等さんらが呼びか
けて発足した『ゆめ風基金』。「一番困っているところにすばやく届ける」をモットー
に全国51の障がい者団体と『ゆめ風ネットワーク』を結び緊急時に備え、東北の被災
障がい者にも役立った逸話を紹介。『ゆめ風基金20周年記念コンサート』を今夏開催

放送分を聴く
放送日:2015年3月29日

« 3月22日 第151回放送 | メインに戻る | 4月5日 第153回放送 »