文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年4月20日

4月19日 第155回放送

江戸時代の儒学者・貝原益軒が説いた健康の指南書『養生訓』から300年余りが経ち
長寿時代を迎え、健康でこそ老後は楽しいもので「健康長寿でありたい!」と誰でも考
えます。ゲストは『新世紀版・養生訓』(河出書房新社)の著者・済陽高穂さんです。

東京・板橋区にある「西台クリニック」院長の済陽(ワタヨウと読みます)高穂さんは
外科医として大学病院や都立病院で4000例を超える「がん切除手術」を執刀してき
ました。がんが日本人の死因の1位になって30有余年、がんの三大治療法は、手術・
抗がん剤・放射線です。外科医の高穂さんは、手術の遠隔成績を調べるために1406
例の消化器がん手術の追跡調査を行ったところ、術後の5年生存率が52%という予想
よりもかなり厳しいものでした。手術でがんを切っても、放射線でがんを焼き殺しても
抗がん剤でがんをたたいても、半数の人ががんを再発してしまう。再発しなかった患者
さんや百歳長寿の方に話を聞き「がんを撲滅するカギは食事にある」と気付きました。
がん患者さんには三大療法と併せて、食事改善で「代謝と免疫力を高める」ことが必要
不可欠だと考えるに至り「済陽式食事療法」を考案しました。例えば「がんに負けない
体づくりに欠かせない三大食材は、レモン、リンゴ、にんじん」無農薬か低農薬をよく
水洗いして皮ごと食べること。「百歳まで生きる五か条」は①朝ジュース、②長寿食の
ベースは縄文食、③趣味と生きがい、④入浴と排泄で解毒、⑤早寝早起きと説きます。
「西台クリニック」は、PETやCTなどの最新鋭の検診機材を使った専門医の診断と
最新の医療と併せて「がん食事療法」を薦めるもので、食事療法だけではありません。
がん患者さんに限らず生活習慣病予防にもなる「健康のための食生活のお薦め」です。

放送分を聴く
放送日:2015年4月19日

« 4月12日 第154回放送 | メインに戻る | 4月26日 第156回放送 »