文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年4月27日

4月26日 第156回放送

鎌田さんが代表理事のJIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)は、イラク
のがんの子どもたちへの医療支援から始まりましたが、昨今はイスラム過激派組織IS
との戦闘や迫害から逃れて来た難民キャンプでの医療活動をしています。今回はイラク
難民キャンプから戻って来たばかりの鎌田さんが、現地の最新状況をお伝えします。

イラク北部の都市「アルビル」は、クルド人自治区の主都でJIM-NETが事務所を
置く街です。鎌田さんはアルビルから車で3時間かけてドホークへ、さらに2時間かけ
シリア国境沿いの村にある難民キャンプを訪ねました。薬や注射を支援するだけでなく
現地の医療スタッフと共に診察したり、キャンプ内でも体を動かす様に行動変容を促す
アドバイスをしました。難民キャンプで会った40人の非イスラムの「ヤジディ教徒」
(クルド系少数宗派)は、ISに捕らわれて数か月間幽閉されて悲惨な生活を強いられ
ながら夜陰に乗じて脱出した人々。人間の尊厳を無視したISの蛮行を告発する話と、
訪れた時がヤジディ教徒の旧暦の新年だったので、キリスト教のイースター(復活祭)
のように卵に色づけをして新年を祝うため多量の卵を鎌田さん達が用立て喜ばれた話や
卵1個で子どもたちが笑顔になった話などを報告します。後半は"医師が説く健康話"
のシリーズから今回は「カマタ流健康寿命延長術」を紹介します。寝たきり3大要因は
認知症・骨粗鬆症・脳卒中ですが、寝たきりにならない為に助言します。「色の付いた
野菜を食べる」「いい油を採る」と続き、アメリカの「ロゼット伝説」を紹介します。
ペンシルバニア州のロゼットの住民は、肥満傾向ですが何故か心筋梗塞がとても少ない
その理由は住民同士の「絆」に関係するという研究結果です。その詳細は番組で判明。

放送分を聴く 放送日:2015年4月26日

« 4月19日 第155回放送 | メインに戻る | 5月3日 第157回放送 »