文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年5月 5日

5月3日 第157回放送

「諏訪中央病院」の職員バンド「ALMOST ILLNESS」(ほとんど病気)で
鎌田さんはドラムスを担当。「リズム音痴」と指摘されるのを百も承知で、患者さんや
職員の為に一肌脱ぐところがドクター・カマタの真骨頂です。バンドの十八番はなんと
ビートの効いた白井貴子さんの『CHANCE』というのでゲストにお招きしました。

1981年にデビューした白井貴子さん。アイドル歌手とは一線を画す「ロックンロー
ルエンジェル」の名のもとに「日本武道館」や「西武球場」等、大規模なコンサートを
成功させて女性ポップ&ロックのパイオニア的存在になります。年間100か所を超え
る公演が続き心身ともに疲労困憊。また、80年代のロックシーンは陽射しを避ける?
ような「地下的な音楽」が求められ、明るい湘南で野原を駆け回って幼少期を過ごした
白井さんには、常に違和感があったそうです。そして「青空の好きなロックシンガー」
という本来の姿を取り戻すきっかけを作ってくれたのは、イギリスの道端に咲く野草の
マーガレット。地味でも足元から凛と大地に根ざして、風に吹かれながらしなやかに空
を見てやさしく咲いていれば、私もいい音楽が生み出せるだろう。「生きている造花に
なってはいけない」と気付き、生き方を転換して今日に至っています。また白井さんは
震災後、たびたび被災地を訪れて無料ライブを開催したり、陸前高田の奇跡の一本松を
モチーフにした歌『陸前高田 松の花音頭』を作詞・作曲。今春は長年の友人で振付師
南流石さんと共に岩手県・宮城県・福島県の計6ヵ所で参加型ライブイベントを開催。
歌とダンスで市民を元気づける活動を続けています。更に精神科医で作詞家のきたやま
おさむさん(元フォーク・クルセダーズ)と進行中のプロジェクトも一部開陳します。

放送分を聴く 放送日:2015年05月03日

« 4月26日 第156回放送 | メインに戻る | 5月10日 第158回放送 »