文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年5月11日

5月10日 第158回放送

松竹映画『男はつらいよ』の第1作が公開されたのは1969年の夏。以来27年間に
わたり寅さんの妹「さくら」を演じ庶民派女優として絶大な人気を誇る倍賞千恵子さん
をゲストにお迎えしました。寅さんシリーズの中で隠れた名曲としてファンに支持され
ている『さくらのバラード』がアカペラで披露され、飛切り楽しめる歌&トークです。

寅さんの渥美清さんが1996年に亡くなられて、倍賞さんはしばらくの間「お兄ちゃ
ん・寅さん・渥美さん」の話を封印。「私が出会った男性の中でいちばん魅力的な人。
勉強家で、生き方にムダがなく、相手の立場がよくわかり、やさしく、石みたいな人。
冷たくて、温かくて、その石に触りたくなる。そんな人」と愛情たっぷりに語ります。
また27年間演じた「さくら」については、「尊敬できる人。でも私はあれほどやしく
はなれない」と評しつつ、全48作で演じた「さくら」から多くを学んだと言います。
さて、倍賞さんは『下町の太陽』『さよならはダンスの後に』『さくら貝の唄』などの
ヒット曲がある歌手ですが、『さくらのバラード』は『男はつらいよ』が始まって13
年ほどしてクラウンレコードから発売されました。山田洋次監督が作詞、山本直純さん
の作曲によるもので、寅さんが旅に出ているときの、さくらの心境を描いた名曲です。
最後に、オーケストラで楽しむ寅さんファンタジー『寅さんクラシックコンサート』の
お知らせです。『男はつらいよ』で使用したクラシック音楽は40曲以上もありますが
山本直純さんの愛息・山本祐ノ介さん指揮による、寅さんに使われたオリジナル楽曲と
クラシックの名曲を、思い出のシーンと共に贈るコンサートに倍賞さんがゲスト出演。
日程は、大阪が6月26日「新歌舞伎座」、東京は7月5日「東京文化会館」です。

放送分を聴く
放送日:2015年5月10日

« 5月3日 第157回放送 | メインに戻る | 5月17日 第159回放送 »