文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年5月18日

5月17日 第159回放送

当番組で好評の健康シリーズ(不連続ですが)今回は「がんばらないがん対策」です。
「食事見直しの草の根運動」を推奨して長野県民の健康寿命を延ばしてきた鎌田さんが
並行して説き続けているのが「がんばらない生き方」。がんばり過ぎると心身共に負担
になり、「がんばらない生き方」は健康寿命に通じるといい「鎌田流がん対策」です。

先頃、がんに関する新たなデータが「国立がん研究センター」により発表されました。
それによると、今年国内で新たにがんと診断される患者は98万人と予測されています
が、去年まで3番目だった「大腸がん」が今年は13万5800人と最も多く1位です
次いで「肺がん」「胃がん」の順と予測されています。また、男性では血液検査の普及
などで「前立腺がん」が最も多く、女性では「乳がん」が最も多く、働き盛りの人達が
がんで会社を休むと1兆8000億円の損失と推計されています。がんが発生するメカ
ニズムは、私達の体内で絶えず繰り返されている細胞分裂の際に、発がん物質等の影響
で遺伝子が突然変異して「コピーミス」が起こります。これが「がん」のはじまりです
ただし、コピーミスが起きても体内の免疫細胞の標的となり「がん細胞化」せずに消滅
しますが、稀に免疫細胞の攻撃を逃れて生き残る細胞が「がん細胞」となり異常な分裂
増殖をくり返し「がん」になります。免疫力が低下すれば「がんや感染症」のリスク増
になるので、「免疫力」をあげる必要があります。手っ取り早い「食べ物」から伝授。
①「繊維質の食べ物」として、海藻・しいたけ等のキノコ・こんにゃく・緑色野菜など
②「発酵食品」は、ヨーグルト、チーズもいいが日本の伝統食から長野のすんき・京都
のすぐき・沖縄の豆腐よう等。更に免疫力アップの「入浴法」や「ラジオ体操」です。

放送分を聴く
放送日:2015年5月17日

« 5月10日 第158回放送 | メインに戻る | 5月24日 第160回放送 »