文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年5月25日

5月24日 第160回放送

「便所は単なる排泄場所ではありません!体からのお便りを受け取る大切な所です!」
という理化学研究所特別招聘研究員で腸内細菌研究者の辨野義己(べんのよしみ)さん
を迎えて「大便は健康のバロメーター。健康な腸で寿命を延ばそう」という鼎談です。

辨野義己さんは1948年大阪生まれ。獣医になりたくて酪農学園大学獣医学科に進み
ますが「腸内細菌学」という新しい学問を世界に先駆けて樹立したパイオニアである光
岡知足先生から「人と動物を含めた研究をするのが公衆衛生で、一番崇高な仕事だよ」
と諭され理化学研究所に入り40年以上に亘り、腸内細菌の研究に取り組んでいます。
世界中から集めた大便の数は8500を超え、世界一というウンチ博士。大腸内の細菌
の研究を通して腸内細菌の情報を、将来の健康のため役立てる研究を続けています。
人間は60兆個の細胞から成り立っており、そのうち2兆個が免疫細胞で、その6割が
腸に集まっています。なぜ免疫細胞は腸に集まる?それは外部から入ってきた物と一定
期間接するのが腸だからです。栄養吸収が腸の役割ですが、病原菌やウイルスの侵入経
路でもあるゆえに免疫細胞が集中しています。外部から入ってきた物を排除したり危険
な物から身を守るのは、小腸・大腸の免疫機能しかないです。がんなどいろんなものと
闘う免疫力を上げるためには、腸内環境を整えて健康な腸で勝負するのが最善です。
また、子供が産まれてくる時に母親から受け継いだ菌がいかに大切かという話を解説。
さらに近年の「女はタマル、男はクダル」という問題を指摘。便秘を気にしない女性の
無頓着に驚くばかりといい、ストレスが起因すると考えられる男性の各駅停車症候群。
「病気しないためには、いかに佳き腸内環境を保つかにかかっている!」と辨野さん。

放送分を聴く
放送日:2015年5月24日

« 5月17日 第159回放送 | メインに戻る | 5月31日 第161回放送 »