文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年6月29日

6月28日 第165回放送

きょう6月28日に67歳の誕生日を迎えた鎌田さん。あさって62歳になる村上さん
それぞれの愛娘よりも若い28歳のフォトジャーナリスト・安田菜津紀さんをゲストに
招いての鼎談ですが、会話は「ウンウン、そうそう、なるほど!」共鳴と共感の連発で
「根幹にかかわる本質的な話」は年齢に関係なく理解しあえるということの証左です。

安田菜津紀さんは、1987年に東京の新橋で生まれました。事業を多角的に営む両親
のもとで裕福な幼少期を過ごしますが、バブル崩壊で事業は破綻。小学3年生で両親の
離婚を経験、以後は妹とともに母の出身地である横須賀市で育ちます。経営者夫人から
一転して、新聞配達やパートタイマーとして働き女手一つで娘2人を育てる母の姿を目
の当たりにして、彼女も青春の蹉跌をきたします。が、高校2年生の2003年8月に
『国境なき子どもたち』の一員としてカンボジアに派遣され貧困の子どもたちを取材。
「守るものがあることの強さ」を知り、彼らの姿を伝えようと決意。また、師匠となる
渋谷敦志さんが撮った「アンゴラの難民キャンプ」で飢餓に苦しむ特に赤ん坊の写真が
強烈な印象として残り、それが写真に目覚めたきっかけです。以後は東南アジアの貧困
問題や、中東・アフリカの難民問題などを中心に取材を進めています。同業者の夫君は
陸前高田市の出身で「東日本大震災」の被災家族でもあり、被災地の住民たちの足跡を
たどる撮影も続けています。番組の冒頭で話題に出たシリア難民が大挙して押し寄せて
いるヨルダンの「ザータリ難民キャンプ」を今年訪れた時のエピソード。「キャンプ内
では生甲斐は見つけづらい。(紛争の続く)イラクに戻りたい」という難民の声を聴き
やりきれない想いと共に、問題の深さ、難しさを再認識するリポートが紹介されます。

放送分を聴く
放送日:2015年6月28日

« 6月21日 第164回放送 | メインに戻る | 7月5日 第166回放送 »