文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年7月13日

7月12日 第167回放送

古くは小説家や画家がメガホンをとり、近年は俳優やお笑い芸人が異業種監督として
映画を発表していますが、全国で自主上映中の『日本と原発』を撮った河合弘之監督
は「逆襲弁護士」の異名を持つ辣腕弁護士。後世に残すべきは何かという鼎談です。

河合弘之さんは1944年中国・新京(現在の長春)生まれ、終戦の翌年に家族6人で
引き揚げ途中、生まれたばかりの弟を栄養失調で失いました。自分も残留孤児になった
かもしれないという思いから、中国残留孤児の日本国籍取得に注力し1250人が取得
しています。また拠り所がないという孤児のための支援策として、御徒町に『中国残留
孤児の家』を開設し、同店で扱う水餃子は人気も高く販売事業も軌道に乗せています。
一方、バブル華やかなりし頃「金屏風」で世間を騒がせた平和相互銀行乗っ取り事件や
忠実屋・いなげや株買い占め事件、バブルの代名詞ともいえる商社イトマンの「イトマ
ン事件」等数々の大型経済事件で顧問弁護士となり、誰も考えつかない戦術で逆転勝利
に導いたビジネス弁護士です。ところがバブル紳士の弁護をして巨額の富を得たものの
"心に秋風が吹き"自分が取り組むべきは何か?自問自答の末に"後世に美しい地球を
残すこと=環境問題"という結論に達しました。この問題に舵を切ったきっかけは94年
に会った核化学者の高木仁三郎さん(2000年没)との出会いです。「ひとたび原発
事故が起きてしまったら国の存亡に関わる大きな問題である」と気づかされました。
鎌田さんも亡くなる半年前の高木さんから"反原発は何かに反対したい!という欲求
ではなく、よりよく生きたいという希望の表現です"と告げられ偲ぶシーンもあります。
エネルギッシュな71歳の河合弁護士の口癖は"本気でしていると誰かが助けてくれる"

放送分を聴く
放送日:2015年7月12日

« 7月5日 第166回放送 | メインに戻る | 7月19日 第168回放送 »