文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年7月21日

7月19日 第168回放送

人との出会いは不思議なもので、その後の人生に影響を受ける事もしばしばあります。
今回は鎌田さんと村上さんが互いに紹介したりされたりして共通の知人となった著名人
の生き方・考え方を紹介する「不連続シリーズ・僕たちの好きな日本人」現代編です。

東日本大震災後、時々刻々とツイッターで詩を発表し注目された福島の詩人・和合亮一
さん。震災から4年「言葉は光を与え強さを与えてくれる。だから今も書き続ける」と
つぶやきの詩を書き続けています。言葉には「言の橋(ことのはし)」という橋がある
と説く和合さん。また「福島については無数の言葉が飛び交っているが、その言葉の多
くは、一番見つめるべきものから、無意識に目をそらそうとして語られているのではな
いか。じっくり言葉を探していくことが今の日本には必要だ」という話を紹介します。
2人目は、鎌田さんとの対談集『くらべない生き方』(中公文庫)著者の大平光代さん
が歩んだ波乱万丈の人生。大平さんはイジメから中2で割腹自殺を図り、悪い社会に居
場所を求めた後、29歳で司法試験に合格。弁護士として少年問題を扱い、大阪市助役
も歴任。ダウン症の愛娘を育てることを最優先して田舎で家族の為に暮らしています。
3人目は、左手だけでピアノを弾き、観客から拍手喝さいを受けるフィンランド在住の
日本人ピアニスト舘野泉さん。公演の最中に脳出血で倒れ、一時期は自暴自棄に陥りま
すが、長いリハビリを経て見事復帰を果たし、執筆した自伝が『命の響』(集英社)。
最後は、インタビューの名手の阿川佐和子さん。「おもしろいね」「それで?」「どう
して?」「それから?」と合いの手(まさに愛の手)を上手に入れながら肯定的な言葉
で気を引くインタビュー術は、作家の城山三郎さんへの取材時に得たテクニックです。

放送分を聴く
放送日:2015年7月19日

« 7月12日 第167回放送 | メインに戻る | 7月26日 第169回放送 »