文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年7月27日

7月26日 第169回放送

法務省の発表によると、刑務所出所者の「再犯率」は、無職が有職と比べ約4倍と高く
出所者の再犯防止のためにも、就労支援や雇用の確保が重要です。「日本駆け込み寺」
代表の玄秀盛さんが1年前に当番組で語った「出所者などの社会復帰の足がかりになる
居場所を作りたい」という構想が実現しました。今年の4月に新宿歌舞伎町にオープン
鎌田さん村上さんも実食済みの『新宿駆け込み餃子』を玄さんと共に紹介いたします。

新宿歌舞伎町のど真ん中にオープンした居酒屋『新宿駆け込み餃子』の外観は、江戸の
火消をイメージし、店内も火消しの纏いをディスプレー。半纏を着たスタッフが接客。
出所者やニートを積極的に雇用し、再出発支援を行う一般社団法人「再チャレンジ支援
機構(代表理事・堀田力弁護士)」によって開業し、理事の玄さんはプロデューサーで
出所者の紹介にもひと肌脱いでいます。玄さん曰く「火消しにこだわったのは、火事で
更地になった場所から、街が新たに復興するように、ゼロから人生の再生をという想い
が込められている」。また「メインを餃子にしたのは、誰からも好かれる料理で、食に
交わると書くし、餃子はやさしく包み込む料理。出所者の再出発にぴったり!」とも。
更に歌舞伎町にこだわって理由は、「駆け込み寺の聖地であり、アジア一番の繁華街。
様々な人が行き交う懐の深い街。再出発を願う人の目に留まりやすい場所」とも説明し
同店への並々ならぬ想いを語ります。出所直後は人慣れしていないので、挨拶が不得手
俯き加減、口下手、就労意欲も高くない・・・等々の欠点がありますが、何はともあれ
「まずは声を出すこと」を徹底して指導する玄さん。オープンから3か月、彼ら自身が
将来の事を語るようになったとか。受刑者からは就職の相談手紙も受け取っています。

放送分を聴く
放送日:2015年7月26日

« 7月19日 第168回放送 | メインに戻る | 8月2日 第170回放送 »