文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年9月 7日

9月6日 第175回放送

1987年に日本で公開された映画『スタンド・バイ・ミー』はスティーブン・キング
の短編作『死体』をロブ・ライナー監督が映画化した郷愁を誘う感動の青春映画です。
長じて作家となったゴードンはある日の新聞で旧友の訃報を知り、その旧友と忘れえぬ
体験をした12歳の夏、1959年の田舎町を舞台にした少年達の物語は展開します。
今回は映画に倣って、鎌田さんと村上さんの今夏と12歳の夏の体験を語り合います。

鎌田さんは、医学生の頃から休日返上で走り続けてきましたが、気が付けば早67歳。
今夏予定していた「チェノブイリ訪問」が延び、思いがけず自由に出来る時間ができた
での、映画館に足を運んだり、芝居を観たり、ジャズライブを楽しみ、40年以上忘れ
ていた「充実の夏休み」を過ごしました。映画は話題作やヒット作を中心に観たなかで
『進撃の巨人』を挙げました。社会現象を起こした諌山創さん原作の大人気コミックを
実写で映像化したスペクタクル作品。旗揚げから35年の人気を誇る『劇団☆新感線』
劇団の看板役者である古田新太と橋本じゅんのご両人がはまり役の『五右衛門vs轟天』
を観賞。時空を越え、世界観を越え、限界をも乗り越えて激突するアクション爆笑活劇
村上さんが挙げた映画はディズニー・アニメの『インサイド・ヘッド』。「ヨロコビ」
「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」という5つの「感情」を主人公にした
アニメーション映画で、中でも大竹しのぶさんの声の「カナシミ」が印象的だったとか
また、戦後70年の今年は「いのちの絵本」など、平和をテーマにした朗読会や演奏会
に3つ関わり、語り部の方々の渾身の話は迫力があったことと、伝えねばという切実さ
が伝わってきたそうです。2人が少年期を回想した話も時代背景を想起させるいい話。

放送分を聴く
放送日:2015年9月6日

« 8月30日 第174回放送 | メインに戻る | 9月13日 第176回放送 »