文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年9月14日

9月13日 第176回放送

子守唄は、生まれてはじめて聴く唄であり、抱擁の唄、親と子が絆を確かめる唄です。
心の中に残る大切な情操教育のあるべき形として子守唄の大切さを伝えて、広めたいと
活動を続ける「NPO法人日本子守唄協会」会長の湯川れい子さんを迎えて鼎談です。

湯川れい子さんは音楽評論家、作詞家のほかに平和・環境・動物愛護の運動でも活躍さ
れています。エルビス・プレスリーのファンであることは有名ですが、没後38年経ち
ながら根強い人気で未だ衰えない「キング」のニックネームもある彼からは多大な影響
を受けて、今もエネルギーを貰い続けているといいます。今回の本題「子守唄」ですが
協会創立15周年の記念プロジェクトとして新作の子守唄を作りました。湯川さん作詞
つんく♂さんが作曲とプロデュース、歌はクミコさんです。つんく♂さんといえば喉頭
がんで声帯摘出し、今春の母校の式典で"私も新人、一回生のつもりで出直します"の
発言がマスコミに大きく紹介されました。つんく♂さんの懸命に生きる姿に感動した湯
川さんとクミコさんからの依頼を快諾し、子守唄『うまれてきてくれて ありがとう』
が完成しました。作詞家として新しい子守唄には「新鮮な言葉を散りばめたい」という
湯川さんの想いに対して、つんく♂さんは「母親だけでなく父親も祖父母も保育士さん
も唄える歌にしたい」という希望を出し湯川さんは繰り返し歌詞を推敲したそうです。
湯川さんは言います。「子守唄を耳にすることが少なくなって久しいですが、子守唄で
なくても、生まれてすぐの言葉もわからない赤ちゃんに優しい声で歌いかけて欲しい。
抱っこして、心臓の鼓動聞かせながら、胎内で聞いていた声に限りなく近い周波数の歌
で歌いかけてくれることで、生きていく命が輝く、信頼が育つ」子守唄の再興を願う。

放送分を聴く
放送日:2015年9月13日

« 9月6日 第175回放送 | メインに戻る | 9月20日 第177回放送 »