文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年9月23日

9月20日 第177回放送

「振り返ってみると、刺激的な人生を送っているようで、そうでもないかなぁと思う」
と鎌田さん。医師で作家でマスメディアの露出もあり、傍からは刺激的な日々を過ごし
ているように見えますが「人生の岐路に立って、もっと過激に生きようかとも思う」。
村上さんも「刺激を与えてくれる人は周囲にたくさんいる」といいテーマは「刺激」。

まず村上さんが刺激を受けたのはコメディアンの萩本欽一さん。駒澤大学の仏教学部に
入学を果たした74歳の大学1年生。次から次に新たなことに挑む萩本さんは、ことも
なげに「だってサ、山に登ったら、その山にいつまでもいないでしょ。一つの山に登り
終えたら、次の山に登りたくなるのよ」というチャレンジ精神に充実の人生が重なる。
鎌田さんが刺激を受けたのは、いまや世界の歌姫へと上り詰めた「レディー・ガガ」。
ニューヨークの裕福な家庭に育ち、お嬢様のカソリックの学校に通いながらも級友には
違和感を覚えて、それをバネに音楽の才能に一層の磨きをかけ、19歳で自立します。
事業家の父の援助を断り、ストリップクラブで働きます。ストリッパーの過去を隠さず
公言している彼女に刺激を受けたといいます。また、ガガの先輩格「マドンナ」の人生
にも刺激を受けたという。もう一人鎌田さんが「彼女の絵本を作りたい!」という意中
の人「シンディー・ローパー」。「東日本大震災」が発生した日に来日した彼女は周囲
の忠告を聞き入れず日本に留まり、これを機に被災地の支援に尽力しています。津波で
泥に沈んだグランドピアノを再生する石巻市のサルコヤ楽器店のプロジェクトに協力。
村上さんは映画を観て刺激を受けたと『NORINTEN~稲塚権次郎物語』を紹介。
世界の食糧危機を救う奇跡の小麦の基になった「小麦農林10号」開発者の物語です。

放送分を聴く 放送日:2015年9月20日

« 9月13日 第176回放送 | メインに戻る | 9月27日 第178回放送 »