文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年9月29日

9月27日 第178回放送

鎌田さんは「怖いもの知らず」で「甘え上手」。スキーで骨折し左手が使えないときに
対談した世界的ピアニストの舘野泉さんに左手のパートをお願いしてジョン・レノンの
『イマジン』を連弾。"お互い楽しかった!"という舘野泉さんを迎えての鼎談です。
 
チェリストの父とピアニスト母の間に生まれた舘野泉さんは、1964年以来フィンラ
ンドに在住し世界を舞台に活躍するピアニストです。2002年の40周年記念ツアー
のステージ上で脳出血のため倒れますが、2年間のリハビリを経て奇跡のカムバック。
右半身にマヒは残りますが「左手のピアニスト」として新たな世界を切り拓いています
「左手は両手の半分ではない」という言葉に象徴されるように、左手でどんどん新しい
世界を切り拓き、両手で弾いていた時には気づかなかった音楽の本質が見えてきたとし
左手の世界は自由で広く深い音楽表現が出来る独立分野。親指・人差し指でメロディを
中指・薬指・小指でハーモニー。和音と旋律も1つの手にまとまっている為、かえって
音楽がよく見えるようになったといいます。また、リハビリ中のピアノが弾けなかった
2年間も、マリア夫人の「自宅で二人笑ってゆっくり過ごせたのが嬉しかった」という
言葉が表すように演奏家としての空白の期間にも感謝。マイナスをプラスに変える時間
になりました。舘野さんが「左手のピアニスト」になるまでの経緯や音楽への喜びなど
23の言葉とエピソードを1冊にまとめたエッセイ集『命の響』(集英社)が出ました
そして、79歳の誕生日11月10日は「銀座ヤマハホール」で草笛光子さんと共演。
『KENJI~宮澤賢治に寄せる』は演奏しながら不覚にも落涙するという裏話もあり
来年の誕生日には「東京オペラシティホール」にて、ピアノ協奏曲4曲を上演予定です

放送分を聴く
放送日:2015年9月27日

« 9月20日 第177回放送 | メインに戻る | 10月4日 第179回放送 »